女の静かなる怒りが、社会の不条理へ牙をむく― 映画『自由を手にするその日まで』4.9完成披露上映決定

女の静かなる怒りが、社会の不条理へ牙をむく― 
『自由を手にするその日まで』
の完成披露上映が、渋谷アップリンクにて4月9日(日) 20時より行なわれます。

この作品は、医学部出身で病院での勤務経験もあるという異例の経験を持つ天野友二朗監督の第一回監督作品で、本作では、監督だけにとどまらず、脚本、製作、撮影、編集、音楽の作曲までも手がけるなど、多才ぶりを発揮しています。
2017年2月に行なわれたアジア国際映画祭でも正式招待上映されるなど、注目の社会派サスペンスです。

当日は、主演のヒロインを演じた みやびさんをはじめ、関口久美子役の宮内杏子さん、天野友二朗監督のトークが予定されています。

2月に2度行なわれた上映会では、ともに前売りが満席完売の大盛況
当日券目当てで来場したものの会場に入れ無かった方も出た状況だったそうなので、確実にご覧になりたい方は、前売り券のご購入がオススメです。

◆開催日 2017/4/9(日) 20:00 – 22:30

◆会場 UPLINK FACTORY スクリーン1
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F

◆料金 前売り/当日1800円

チケット購入ページ 

 

 

STORY
現代社会に暮らす人間の孤独や心の闇をテーマに自主製作されたサスペンス。
病院で事務職を務める24歳の新人の女性社員。
彼女は、職場でハラスメント受け、精神を病む。
そんな中、冷え切っていた彼との関係が破綻する。
やがて彼女は、報復のために、職員の抹殺を決意。
サイエンスの知識を駆使し、綿密な復讐計画を立案し、
復讐代行業者に依頼するが、思わぬ妨害者が立ちはだかる。
果たして、復讐の先に彼女を待ち受ける運命とは。

 

 

INTRODUCTION
天野友二朗監督は、もともと医学部出身で、病院での勤務経験もある26歳。
自己資金とクラウドファンディングを活用して予算確保し、土日を活用して約半年かけて隔週で撮影が行われた。
また、監督自らがオーケストラ所属経験による絶対音感を活かし、劇中の弦楽オーケストラ曲も作曲。
クラウドファンディングには、カンヌ国際映画祭受賞監督の深田晃司監督も出資。
「独立映画鍋」会員の天野友二朗監督の初監督作品。

 

 

CAST/STAFF/SPEC
キャスト:みやび、宮内杏子、
広瀬慎一、庄大地、藤村忠生、小野孝弘、吉村きりを、水津亜子、藤井美玲、
工藤杏子、木村梨乃、鵜飼祥己、滝けい子、藤田慎太郎、藤原絵里、一高由佳、
上田うた、見里瑞穂、真柳美苗、保土田智之、佐々木勝己、井坂優介、天野友二朗、
冨田智、内田崇正監督・脚本: 天野友二朗
作曲: 天野友二朗
演奏: 新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団、渡辺裕太、吹野クワガタ、加藤裕一
特殊造型協力: ソイチウム、はきだめ造型2016年/日本/112分/サスペンス
映画『自由を手にするその日まで』公式twitter